BPSデンチャーについて

ホーム > 入れ歯 > BPSデンチャーについて

BPSとは、Biofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)の略で、ヨーロッパのイボクラールビバデント社が開発した、「よく噛める」「痛くない」「外れない」「美しい」を実現する高品質な入れ歯製作システムです。このシステムを日本人に合うようにもっともっと進化させているのが当院のBPSデンチャーです。見た目は一般的な入れ歯と同じですが、あなたのお口の機能情報を盛り込んで製作する特別な総入れ歯です。

 

BPSデンチャーの長所

1.品質が一定

このシステムは、BPSのインターナショナルライセンスを持った技工士の立ち会い型になっています。歯科技工士は入れ歯を作る職人です。あなたが今まで経験した入れ歯作りで、歯科技工士と会うことはほとんどなかったと思います。実際の治療に歯科技工士も立ち会ってあなたのお顔、お口を拝見することで、歯科医師と歯科技工士が情報を共有でき、ベストの入れ歯作りが可能になり、作製手順がシステム化されていることで、安定した品質の義歯ができます。

2.フルオーダーメードで患者さんの要望を反映させやすい

患者さま、歯科医師、歯科技工士の三者のコミュニケーションが密にできるため、入れ歯に対するご要望を細やかに反映させることができます。
BPSデンチャーシステムは、お口を閉じたり開けたりしながら、様々な表情を取り入れ、お口をあたかも使っているような動的な状態で型採りをします。また、歯科医師が、 歯科技工士の立ち会いのもと、お口の状態をチェックし、顎や筋肉の動き、噛み合わせや発音、笑顔のバランスなどを確認しながら製作していきます。患者さまのご要望を聞きながら、入れ歯の形や色や位置や筋肉の動きや咬み合わせなども確認をします。
口腔内の動的な状態を想定して作られるため、「良く咬める」「痛くない」「外れない」「美しい」入れ歯ができるのです。

 

3.経済的

使用する素材のみに費用がかかっていた今までの入れ歯作りと違い、入れ歯作りに一番大切な『入れ歯作りのステップ』に費用がかかるという上手なお金の使い方ができます。

<このような方に最適>

  • 義歯の品質にこだわりたいという方
  • いつまでも若々しい表情でいたい方
  • 今までの入れ歯で痛みのある方
  • 口を開けると外れてしまう方
  • 口もとが寂しい方、口もとを若々しくしたい方
  • たくあん、奈良漬けなどしんなりしたものが食べられない方
  • より美味しく食事を楽しみたい方
  • より楽しく会話や歌を楽しみたい方
  • より充実した人生を楽しみたい方

 

従来法との違い

 

リハビリデンチャーとは?

長い期間合わない入れ歯を入れていたことによって失われていたお口の周りの筋肉の機能を回復させるために先行して訓練するリハビリも可能です。リハビリデンチャーは患者様の理解と協力が不可欠であることをご承知おき下さい。

こつこつと歯科医師が一人で義歯を作っていた時代から、患者さん 歯科医師 歯科技工士が力を合わせて作り上げていく時代となりました。人世まだまだあとひと頑張りを叶える入れ歯です。是非、一緒に作りましょう。