なぜ予防が必要か

ホーム> 予防歯科>なぜ予防が必要か

歯科医院といえば、「虫歯や歯周病になったら治療してもらう場所」というのが、かつての常識でした。しかしそれでは、悪くなったら削り、また悪くなったら……という悪循環を招き、最終的に歯を失ってしまうことになるでしょう。そのような時代背景を受け、予防先進国である欧米諸国をならい、近年では歯医者が「虫歯や歯周病にならないように予防する場所」へと世界的に変化しつつあります。

しかし、日本では定期受診の必要性を感じている者へ定期受診に期待することについての質問に対し、自由回答を集計し、頻出するキーワードを類似するものごとにグループ分けしたところ、最も多か ったのは「虫歯」に関するコメントでした。

厚生労働科学研究費補助金 (地域医療基盤開発推進研究事業研究事業) 分担研究報告書
インターネットリサーチによる歯科定期受診行動に関わる要因についての調査

 

価値観を変えなければ、歯の損失は防ぐことはできません。

 日本では、虫歯が悪化しないと歯医者に行かない人が多くいます。
しかし、アメリカ・スウェーデン などの先進諸国は日本とは異なり、歯科受診の中心が虫歯の治療でなく、検診(予防)なのです。予防の意識が高い国では、歯が痛くなくても歯医者に行きます。これによって最終的にかかる治療費も安くなり、一生涯 自分の歯で食事をすることが出来るのです。

▼国による歯の残存率
上段のグループになればなるほど予防中心、下段になればなるほど治療中心です。

1グループ 既に80歳で20本以上達成している国 スウェーデン
デンマーク
フィンランド
2グループ 現在70歳程度で、15本以上残存している国 アメリカ
オーストラリア
オランダ
3グループ 現在70歳程度で、
10~15本残存している国
タイ
フランス
イギリス
4グループ ①現在70歳程度で、10本以下の国 イタリア
ドイツ
中国
②10本以上残存しても、
60歳を境に加齢につれて極端に減少する国
日本
5グループ 平均寿命が上がるにつれて
残存歯が減少するであろう国
インドネシア
カンボジア

 

虫歯は放っておくと痛みを生じます。経験された方は堪え難い、一刻も早く解放されたい痛みだった。と表現されます。そして歯科医院に行くと,虫歯の部分を削って、もっと虫歯が進行している場合は、神経を除去して。削って失った部分に詰め物や、被せ物をして、「この歯の治療は終了しました。」と歯科医師から言われる訳です。

その後に定期検診の話をされたかも知れませんが、ほとんどの患者さんは、痛みが無くなった、ああよかった、これでしばらく歯医者に来なくてよくなった。と思われるでしょう。仮にその時点で「あなたは病気ですか?どこか悪いところはないですか?」と聞かれれば「この間まで虫歯でしたが、治療が終わって今は絶好調です。」と答えるのかも知れません。

 

虫歯、歯周病は感染症で慢性の病気です

 虫歯の根本には細菌の感染があるのです。一度感染してしまうと、虫歯菌や歯周病菌は、お口の中にバイオフルムとなってはびこり常在します。100%駆除するのは不可能とおもわれます。

1本でも虫歯になったことがある人は、既に感染してしまっているのです。感染者は何もせずにいると、お口の中の細菌はどんどん増加し、新たな虫歯を作り続けます。虫歯の治療が終わったあなたは、また虫歯になるリスクが高いといえます。増え続ける細菌を、日常的、定期的に除去し続けることが必要です。(PMTC 参照)
例えば、虫歯の原因はずっと昔からはっきりとわかっています。

• 宿主(歯の強さ)
• 虫歯菌がいるかいないか
• 環境(お口の中の状態)
• 時間

4つの輪が重なった場合に虫歯になるということです。
どの要素が強いのか弱いのかは個人個人で異なり、 再発させないためには4つの側面からそれぞれの患者さんに合わせたアプローチをして行きます。

噛み合わせや生活習慣の影響
わたしたちは、自分では気づかない様々な癖をもっています。日常生活の中でこの習癖が長期におよぶと口腔環境だけでなく、全身に影響をおよぼすことがあります。このズレや身体のゆがみを軽減させる 日常の中で行えるエクスササイズなどもアドバイスをさせて頂いております。

小児の予防プログラム
当院ではお子さんに対しては、カリエスリスクアセスメントに基づき、一人ひとりに合ったプログラムを作成して、効果的な予防を進めています。予防については、お気軽に当院にご相談ください。

小児の究極の予防処置 床矯正
きれいな歯並びは正しい機能の結果です。
重なりの無い歯列はケアが容易で、正しい機能は、お子さまの健康維持をサポートします。

 

予防歯科コラム

メンテナンスはなぜ必要か?
口腔内の2大疾患、虫歯と歯周病。これらが細菌による感染症である、ということは、広く知られるようになりました。人間の口の中には,500種類以上もの細菌が生息しているといわれています。これらの細菌は、歯の表面や歯肉の間の溝の中(歯周ポケット内)などに、さまざまなかたちでくっついて、仲間をふやし、いくえにも重なって生態系を作り、細菌の凝集塊となります。

この、細菌同士が寄り集まって、スクラムを組んだ状態になって、どこかにへばりついているものを、バイオフィルムといいます。口の中でも、場所によって、バイオフィルムを構成する細菌は異なります。空気を好む虫歯菌は歯の表面に定着し、また空気を嫌う歯周病菌は歯周ポケットの奥へ奥へと潜り込んで定着し、人間の生体防御系をかいくぐって生き続け、虫歯や歯周病をひきおこします。

このバイオフィルムに対しては抗菌剤もあまり有効では なく、歯科専用の清掃道具を使って、機械的に除去することがバイオフィルムを破壊する唯一の効果的方法です。下記、グラフからもわかるように、SRP(scaling and root planning)、PMTC(professional mecanial tooth cleaning)に勝る口腔内バイオフィルム駆逐法はありません。

スケーリング、ルートプレーニング後、歯周ポケット内の細菌数歯激減する。
歯周ポケット内材料の75%を占めた嫌気性グラム陰性菌群はSRP後、は減少しますが、
12〜16週後にはもとの菌数に戻る傾向が見られます。減少状態から増加に転ずるのはおよそ8週間後です。従って2ヶ月に1回の定期的なSRPやPMTCがバイオフィルム破壊に効果があるといえます。

出典:奥田克爾著 口腔内バイオフィルム161p

 

歯を失う原因は?
 炎症と力をコントロールすることができる歯科医師になること。
これが、私の一生涯の目標でもあります。
今、我々歯科医師は、虫歯と歯周病に代表される炎症をコントロールできるようになりました。しかし、これだけでは、歯を必ず守る、ということはできません。

例えば、立派な家が建っているとしますね。酸性雨から守り、シロアリを駆除し(虫歯予防)
基礎工事をさらに強化し、敷地もいつもきれいにしています。(歯周病予防)
でも、毎日何回も、地震が発生していたら(ブラキシズム)どうでしょう、軽自動車が毎日体当たりしていたら(悪習管、態癖)どうでしょう。また、立派な家だけれども、最初から傾いていたとしたら(正しくない噛み合わせ)さらにどうなるでしょうか。
残念ながら、この家は壊れてしまうでしょう。
異常に強い力で歯を噛みしめる行為が引き起こす様々な破壊現象をDCS(Dental Compression Syndrome)といいます。DCSについては、またの機会におはなししますね。
日常生活での些細な癖(頬杖をついたり,うつぶせで寝たり・・)や、しっくりいっていない噛み合わせ等が引き金となって、本人も気がつかないうちに、自分で自分を破壊し続けていく。ここに、うまくコントロールされていない炎症が加わると、急激に虫歯は進行し、歯周病は悪化するのです。 そうして、1本、また1本と、歯は失われてゆくのです。