0才から3才の小児歯科

ホーム > 0才から3才の小児歯科

3歳までは、良い脳をつくるための歯育を

3歳までの環境で、歯の土台が出来上がります。また、「噛む」という行為は知識の発達に影響があると言われます。ちなみに、脳も3歳までに80%が完成すると言われ、知識の詰め込み・丸暗記だけならば6歳以降でも努力次第で能力を伸ばせますが、考える力・創造する力・解決する力などの土台は、3歳までに80%、6歳までに90%が決まってしまうと言われています。
また、3歳までに刻み込まれた思考パターンは、ポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ、それを変えるには、その後10年かけても足りないと言われております。つまりは、3歳までの歯育は、良い脳をつくるための教育であることをご理解いただきたいのです。一戸歯科医院では、3歳くらいまではお母さんと歯科医師が、膝と膝をつけてあかちゃんのお口の中を点検します。歯がまだ生えていなくてもお口のひだの状態や舌の状態などを拝見します。定期的に来院をしていただくことのメリットはたくさんあり、その時期に応じて必要な良質の情報をお渡しできます。

0才の時期

歯が生える前の赤ちゃんは、舌を使って母乳・ミルクを飲みます。この時期に気をつけるべきことは、ほ乳瓶をゆるめてミルクをあげたり、乳首のやわらかすぎるほ乳瓶を使ったりしないこと。これらは、舌や唇、頬の筋肉の発育を遅らせ、歯並びの乱れにつながるからです。

また、この時期は口の周りや舌の筋肉をバランスよく動かせているかどうかをチェックすることも重要です。離乳食を飲み込むときに変な癖がついてしまうと、後々、歯並びを乱す原因になってしまうからです。

当院では、「どのように母乳・ミルクをあげているのか?」「どんなほ乳瓶を使っているのか?」「食事の時間は決まっているか?」「どんな飲み込み方をしているか?」など、食事を中心とした生活習慣について伺い、改善すべきポイントについてアドバイスを差し上げています。0歳の頃から生活習慣に気を配ることで、むし歯になりにくい口腔内環境を育むことができ、正常な味覚を形成できます。そして、これが生涯の健康な体の基礎になるのです。

1~3才の時期

お子さんの乳歯は、生後6ヶ月くらいに下の前歯から生えはじめ、2歳6ヶ月頃に奥歯まで生えそろいます。すべての乳歯が生えそろうのは2歳6ヶ月頃が平均的ですが、個人差があります。3歳半頃までに生えそろえば問題はありません。

1.乳歯のむし歯を軽視しないでください
子どもの乳歯は大人の永久歯に比べて非常にやわらかいため、むし歯になりやすく、一度むし歯になってしまうと進行が早いという性質があります。乳歯のむし歯を放置しておくと、後続の永久歯もむし歯になりやすくなったり、生え替わりに悪影響を及ぼしたりすることがあるのです。永久歯の健全な発育を促すためには、乳歯の時期からむし歯予防に取り組むことが大切です。

2.よく噛む食生活を心がけてください
前歯で噛み切り側方歯で粉砕し臼歯ですり潰し飲み込む。よく噛むことは、お子さんの顎や骨格、筋肉の正常な発育につながります。逆に、噛み合わせのバランスが悪いと、骨格や筋肉の歪みを起こし、歯並びが乱れるだけでなく顔貌などにも悪影響が及ぶことがあります。

食べ物を食べた時にでる「唾液」には殺菌・消化能力があり、これは自浄作用といって、本来人間が持つ素晴らしい能力の一つなのです。その唾液は「噛む」という行為で出てきます。ですから、食べ物をきちんと噛める歯にしておかないと、唾液の量も減ります。それにより、胃腸の消化吸収を助ける能力も減ってくるのです。