ホーム> 小児歯科

子供の「脳力」を高める歯育

                                          子どもの頃の歯はこれからの人生の土台となり、生涯全ての歯が虫歯なしの健康な歯であれば、数千万以上の価値と言われています。また、歯は脳の発達との因果関係があることが様々な研究からわかっています。つまり、正しい歯育はIQを高めるということです。 “勉強しなさい!”と詰め込む前に、しっかりと噛むことの大切さを理解してください。子どもの学力向上のためにも健康な歯である事が大切なのです。

一戸歯科医院では、1歳半健診、3歳児健診でも毎回たくさんのお子様を診させていただいておりますが、虫歯と診断することはほとんどありません。例えば、2012年度では、1歳半健診で1本でも虫歯がある子どもは100人に一人強、3歳児では約10人に一人です。

少子化、経済的な余裕により、子どもに母親の目が行き届くようになり、今のお母様はITなどに慣れ親しんでいる世代ですから、情報もたくさん手に入れることが出来ます。お子さまに虫歯を作らないようにするための知識も豊富ですが、豊富な情報から本当に必要で良質なものを選び取る事が求められます。

小さな頃の食習慣・生活習慣によって、将来の歯の健康状態は大きく左右されます。当院では、ドクターだけでなく栄養士、調理師の目線からも、食生活をはじめとする生活習慣のアドバイスを行い、お子さんの健康づくりをサポートしています。日頃の食事の傾向やおやつの選び方、また食べるタイミングなどについて、改善すべき点がある場合にはきちんと指導を行います。

一戸歯科医院では、ご家庭と協力し合って、お子様の一生涯のお口の健康をサポートします。虫歯をつくらない、歯周病にならない、整ったよく噛める歯列を作り上げ、維持して行く。未来に向けて、あなたのお子様が、歯を1本も失うこと無く、傷つけること無く、しゃべり、食べ、笑い、健康な人世を全うする。その隣で寄り添う、歯科医師、歯科衛生士、栄養士、等を含むチームによるトリートメントシステムを構築しています。

 

小児の診療の流れ

初めて来院されてからメンテナンスに至るまで

<1日目 約60分>

1. 歯科医師がお子様とお話しします。(問診、視診)
口腔内写真撮影 診療前の口腔内の状況を視覚的に確認できるようにします。
2. 唾液の検査(簡易式)個々のお子様の虫歯、歯周病のリスクを把握します。
3. 実際にお口の中を診て診査します。
4. 応急処置 すぐに治療が必要な歯がある場合は応急処置を行います。
5. 情報を基に一人一人のお子様にあった、治療、予防プログラムを立案します。

イメージ

 

<2日目 約30~60分>

1.前回初診時の検査の結果をお子様とご両親に説明いたします。
まずはお口の中の状態をしっかりと知って下さい。
2.今後の治療について、お子様とご両親に、説明いたします。
3. 必要な方は、初期治療を行います
歯育

<3日目約 30~60分>

1.必要に応じて治療いたします。

イメージ3

2.すべての検査と治療が終了しましたら、これまでのデータをもとに
初診時と比較して改善されているかを再評価し、 今後の予防について説明と確認します。

3.必要に応じた予防メンテナンスの実施
●唾液検査
●歯科衛生士による歯磨き指導
●歯科の道具を使った口腔内のお掃除
●フッ化物塗布
●視診によるチェック
※それぞれのお子様のリスクに応じてメンテナンスの期間や施す処置は違ってまいります。

 

当院のお母様への想い

我が子をたくましく、賢く、美しく育てたいと願う気持ちは時代を問わず世界共通です。私もそんな母親でした。実は親の目が届く子どもの時代は(マイナス1歳から14歳くらいまで)お口の中がめまぐるしく変化し、絶えず歯が生えたり抜けたり 顔も変わっていきます。不安定なこの時期の節目節目には、歯科医師によるアドヴァイスが有用です。生まれてきてから生涯、食事や会話はずっと行うことなので、不自由なく子どものころから健康な歯の土台を創りたい、そういったお母様の想いを受け取り、治療を行います。お子さんの歯の健康、全身の健康のため、ぜひ一度ご相談ください。

 

大切なお子様の歯を守るメッセージ

母子分離治療 (診察や予防処置は膝枕できる大きさなら一緒でも可能です)

原則として、待合室から診察台まで歩けるお子さまは自分で歩いて来ていただきます。これは、お子さまの頭のてっぺんから足の先までまるごと観察するためでもあります。更に、お口の中を見れば実年齢に惑わされること無く、その子の心や身体の成長過程も手に取るようにわかります。また、治療することは保護者から依頼され、子どもが納得した上で始め、子どもの人格を尊重し自尊心を高める対応を心がけます。もちろん、お母さまのお話にしっかり耳を傾けますのでご安心下さい。

治療を確実・的確に行うために

無痛下で治療を行うために麻酔をします。一戸歯科医院では注射という言葉は使わず、注射器は子どもの目に触れさせ無いように細心の注意を払っております。子どもは痛くないと解ればかなり頑張ります。虫歯の治療時は治療を安全に確実に行うためラバーダム防湿を行います。

★ラバーダム防湿とは?
歯にラバーダムシートを装着することにより,歯を他の口腔組織や器官から分離させて治療を行う方法です。

利点
★ 治療する歯に唾液がかからない
★ お口の中に薬剤、薬液、水分がもれない
★ 万が一、治療中に材料や器具など落ちても飲み込めない
★ ほっぺ、舌による治療に対する妨害をさけることができる

効果
★ 医療事故防止
★ 良好な手術やの確保と明視
★ 乾燥維持による材料の接着力向上
★ 口腔粘膜、組織の保護
★ 感染予防
等々、よいことはたくさんあります。

治療が終了しましたら

頑張れたらしっかりと喜んだりすごかったねと驚く。これだけで子どもは満足です。本当に頑張ったことは本人が一番わかっていますから。治療が終わりましら、状態を維持し、健やかな永久歯列に移行。一生涯を通して歯を失わずに使っていけるようにして行きましょう。

不幸にして虫歯になってしまったことを悔やまずに・・・

治療という体験を通してお子様が成長していきます。わかりやすく実感できる成功体験をしていただきたく願っております。