BPSデンチャー ファイナル装着5日目

IMG_1398IMG_1397
 

去年の10月の入れ歯相談会がきっかけで、
一戸歯科医院でBPSデンチャーをお造りさせていただいたAさん。
 

ついに、先日ファイナルのBPSデンチャー コバルトクロム床
上顎総義歯と下顎部分義歯の装着となりました。
 

入れ歯作りの前準備として 保たない歯をぬいたり、
残った歯のお手入れを練習したり、
歯科衛生士のプロフェッショナルメインテナンスをこまめにさせていただきながら、
 

まずは、リハビリデンチャーを装着し、毎日使うことで、 
ずれてしまっていた噛み合わせをリセットし、
最終義歯では安定した噛み合わせを得ることができました。
 

実は あと一本、(下の一番奥の歯でバネが罹っている歯です)少し揺れている歯があり、
抜歯をお勧めしたのですが、Aさんは、なるべく残したい、このままでつくってほしいとのご希望でした。
 

何年先のことかは予測ができませんが、次に失うとしたらこの歯であろうことは分っていますので、
不幸にもこの歯を抜いたあとに、この部分にまた人工の歯が増やせるように今から仕掛けをしました。
入れ歯の形も、一番奥に歯があってばねをかけられるかどうかで設計がかわってきます。
 

歯を抜いてしまい必要なくなったバネを入れ歯から取り外しやすいように一手間かけていただいております。
たけちゃん(近藤義研の武川技工士)ありがとう!
 助手の松本さん『最終の入れ歯を入れて5日たちましたが お食事はすすんでいらっしゃいますか?』

 

Aさん『何でもばりばり食べています。以前の入れ歯のときはよく噛めないので,食べ物を口に入れても
    噛むのがいやになって、ほとんど丸呑みしていました。今は良く噛んで食べられます。
    以前は噛んでいるうちに食べ物が入れ歯の下に入ってしまい、途中で入れ歯をはずしたくなったことが
    しょっちゅうあり、みんなで食事をするのがいやでした。今はもうそんなことはありません。』
 

装着時にスマイルの練習もしましたね。 そうです 口角をきゅっとあげて
 

チャーミングな口元です!

IMG_1409